出雲市いちじくの里 多伎いちじく館
  
 トップページ » 多伎いちじくの紹介
 ■ 多伎いちじくの紹介

多伎いちじく
多伎いちじく
いちじくの木

- いちじくの木 -

いちじくの果実

- いちじくの果実 -

いちじくの葉

- いちじくの葉 -

いちじくの幹

- いちじくの幹 -

  ■多伎いちじくとは

出雲市の多伎地域は、全国的に希少になった蓬莱柿の産地で、出荷されているいちじくは「多伎いちじく」とよばれています。

「多伎いちじく」は、小ぶりで甘みが強いのが特徴です。多岐の潮風で育ったことによって、さらに多くのミネラルや食物繊維を含んでいます。

8月中旬から10月までが生食の旬です。生果ははもちろん、加工品も多く、パティシエやシェフが注目する期待のフルーツです。

  ■いちじくの栄養価
いちじくには、ぶどう糖と果糖が含まれており、エネルギーへの即効性をもち、豊富な食物繊維、カルシウム、ポリフェノールを含んでおり栄養価の高いフルーツです。

又、脳のエネルギー源となることから、別名「知恵の木」とよばれています。


多伎いちじくの紹介
NEWS情報は現在ございません。



ページの先頭へ戻る  

Copyright(C) 2017 ichijiku-no-sato-taki Co,.Ltd. All Rights Reserved.  
analyzer